川中島合戦ゆかりの寺典厩寺(てんきゅうじ  
                         

 創建当時(1500年頃)は、鶴巣寺(かくそうじ)という名前でした。
 永禄4年(1561)の川中島合戦の時に、武田信玄の弟、武田典厩信繁は、この寺を本陣として出陣しました。この戦いで、37歳という若さで討ち死にし、本陣とした寺に埋葬され、菩提が弔われたことから、典厩寺という名前になりました。

武田典厩信綱とは
 武田信玄の副将であり、信玄の片腕として活躍。まれにみる名将だった。特に武田家の騎馬戦を強くしたので、当時の大名や豪族は武田軍を大変恐れていた。また、文武両道に優れていたので家臣の人望もすこぶる高かった。


典厩寺入り口

典厩寺正門

日本一大きいことで知られる、
閻魔大王像

                       次ページへ