武田信玄と上杉謙信が戦った、川中島合戦場                      
   
 戦国時代末期に、地域の大名として最大級の、越後の上杉、甲斐の武田が、長野の川中島で、計5回対決しました。なかでも第4回目の戦いが最大級でしたが、この戦いの際の、武田信玄の本陣跡に八幡原史跡公園と長野市立博物館があります。
 



三太刀七太刀の碑
川中島合戦戦略図
古戦場正面
佐久間象山像

                     このページのトップへ  次ページへ