松代大本営地下壕跡
                      
 第二次世界大戦末期、日本の敗戦が濃厚になった時期。国民は戦火にさらされ、沖縄では本土決戦の防波堤として多くの同胞が悲惨な運命に投げ込まれていました。
 昭和19年11月から20年8月の終戦までの9ヶ月間、松代では秘密裏に巨大な地下壕が掘削されていました。天皇制を守り、軍と政府の中枢機関を移転させ本土決戦に備えようとするものでした。これが、松代大本営計画でした。
 この工事は、全長13km、高さ2.7m、投入した人力は延べ300万人、死者不詳、総工費2億円、(現在の数千億円?)、使役した朝鮮人労働者は8000人におよび、ほとんどが人海戦術で掘り進んだといわれます。ダイナマイト、ツルハシ、トロッコ、モッコによる最も危険な作業の最前線に、朝鮮人労働者が使役されたと言われます。
 わけも分からず、強制的に駆り出されてきた朝鮮の若者達の無念さと望郷の想い、軍の命令で土地を没収されたり、連日のダイナマイトの不気味な炸裂音等々の言い伝え等々、僅かに語り伝えられてきた過去の暗い歴史を垣間見ることが出来ます。
 舞鶴山のふもとは、天皇の御座所を想定して掘削されましたが、現在は気象庁精密地震観測所になっています。しっかりした岩盤の地下壕であるため、非常に精密なデータが得られるといわれています。
 1985年、篠ノ井旭高校の生徒がこの地下壕を調査し、その保存と平和祈念館の建設を市に呼びかけた運動は、多くの市民に共感を呼びました。
 

象山地下壕

左側の女性のバストのような形の山が、皆神山。
中央にノロシ山がある。ノロシ山の麓のこんもりしたところが舞鶴山で、更にその手前に象山地下壕が掘削されている。

                     このページのトップへ  次ページへ