宮入慶之助記念館

 人体に寄生して、恐ろしい風土病に至らしめる日本住血吸虫の感染を媒介するミヤイリガイを発見した宮入慶之助は、1865年(慶応元年)に、当地(長野県更級郡西寺尾村、現長野市西寺尾)に生まれました。 
 幕末に多くの逸材を輩出した松代文武学校を経て上京。東京帝国大学(現東京大学)で医学を学び、ドイツ留学の後、衛生学そして寄生虫学へと進み、ミヤイリガイを発見しました。
 現在の日本においては、寄生虫は終息したかに考えられますが、人畜共通伝染病、輸入寄生虫の侵入、グローバル化した地球の温暖化が、寄生虫にとって、日本だけが聖域というわけにはいかなくなってきています。
 日本の三大病は、「ガン」、「心臓病」、「脳血管障害」ですが、世界三大病は、「マラリア」、「フィラリア症」、「日本住血吸虫症」というように寄生虫病が独占しています。
 宮入博士ゆかりの品は、その多くが散逸し、博士を知る人々も数少なくなっているのが現状です。
 博士の生い立ちや人となり、功績、ミヤイリガイ発見の意義等々を系統的に展示・記録・保存して、博士の功績を末永く顕彰し、この事実をより多くの人々に知っていただき、医学、社会の発展に寄与できればと考え、博士の生まれたこの地に記念館を設立することに致しました。
                         1999.4. 設立発起人一同

        次ページへ     ページのトップへ戻る