宮入慶之助記念館

1865(慶応元年) 長野県更級郡西寺尾村(現長野市西寺尾)に宮入敬長の三男として生まれる。
1890(明治23年) 東京帝国大学医学部を卒業。
1895(明治28年) 第一高等学校教授。
1902(明治35年) 衛生学研究のためドイツへ留学。
1904(明治37年) 京都帝国大学福岡医科大学(後に九州帝国大学医学部)教授。
1905(明治38年) 医学博士の学位を受ける。
1912(大正元年) 九州帝国大学医学部衛生学第一講座担任に就任。
1913(大正2年) 日本住血吸虫病中間宿主である「ミヤイリガイ」を発見。
1919(大正8年) 欧米各国へ出張。
宮入慶之助
(みやいり・けいのすけ)

(1865〜1946)
1920(大正9年) 正四位を叙さる。
1923(大正12年) ロックフェラーの招請によりアメリカ及びカナダの医学教育視察。
1923(大正12年) 帝国学士院会員となる。 
1925(大正14年) 九州帝国大学退官。同大学名誉教授となる。
1928(昭和3年) 正三位勲二等旭日重光章を受ける。
1946(昭和21年) 死去(満80歳)。

           次ページへ   前ページへ   ページのトップへ戻る