特定非営利法人

        宮入慶之助記念館

                              あなたは 番目の来訪者です。(since 2001.1)
 宮入慶之助(元九州帝国大学教授)は、日本住血吸虫という寄生虫の中間宿主であるミヤイリガイを発見し,、世界で初めて住血吸虫の感染経路を見つけた偉大な学者です。さらに、日本の衛生学発達についても大きな貢献をしました。
 日本では、「寄生虫はもう昔のはなしだ。」と考える人は多いのですが、寄生虫症は
感染症として世界の衛生問題であり、環境問題としても現代の緊急課題です。
「宮入慶之助記念館」は、寄生虫の問題、環境問題など、様々なことを皆さんと考えあうホームページです。

   宮入慶之助
(1865-1946)
宮入慶之助記念館
日本住血吸虫中間宿主発見100周年記念展
「住血吸虫症と宮入慶之助」発刊のおしらせ
寄生虫と環境
村医学とカイチュウ(回虫)
イキングのときにはご注意。(マダニとライム病)
寄生虫(アニサキス)体験記
「宮入慶之助記念館」だより(抜粋)
宮入慶之助記念館附属展示物
記念館近くの名所案内

ご意見ご感想は、gmiyairi@triton.ocn.ne.jp
                までお寄せください。(2014.11更新