宮入慶之助の略歴

 

1865年 慶応元年 5月15日(新暦6月8日)、信濃国更級郡西寺尾村(現長野市松代町西寺尾)に宮入敬長とリウの三男として生まれる。
1873年 明治6年 西寺尾村の稽徴学校に入学。
1874年 明治7年 西寺尾村の西寺尾学校に移る。
1879年 明治12年 上田変則中学校に入学する。
1880年 明治13年 東京大学医学部医学予備門五等乙に入学する。
1885年 明治18年 帝国大学医学部医学本科五等に入学する。
1890年 明治23年 帝国大学医科大学医学本科を卒業する。
緒方正規教授の衛生学教室助手となる。
1891年 明治24年 京都府医学校教諭(生理学・衛生学)に任ぜられる。
1894年 明治27年 京都府医学校教諭を退職し、帝国大学大学院に入学する。
大学院在籍のころ、眼科医を開業する。
1895年 明治28年 第一高等学校医学部(現千葉大学医学部)の教授に任ぜられる。
1898年 明治31年 内務省衛生局臨時検閲事務官と内務技師兼任を命ぜられる。
1899年 明治32年 足尾鉱毒事件の調査を命じられ、栃木県安蘇郡植野村及び同郡堺村(現佐野市)にて婦人24人の調査を行う。
1901年 明治34年 足尾鉱毒事件関連の川俣事件東京控訴院第16回控訴公判証人尋問において栃木県での調査結果を証言する。
1902年 明治35年 内務省衛生局内務技師を退職。文部省留学生として衛生学研究のためドイツへ留学する(2年間)。
1904年 明治37年 ドイツ留学から帰朝し、京都帝国大学福岡医科大学(後に九州帝国大学医学部)の初代衛生学教授に任ぜられる。
1905年 明治38年 京都帝国大学総長推薦により医学博士の学位を授けられる。
1912年 大正元年 九州帝国大学医学部衛生学第一講座担任を命ぜられる。
1913年 大正2年 佐賀県三養基郡基里村酒井地区(現佐賀県鳥栖市酒井東町)にて日本住血吸虫病中間宿主である巻貝(後に「ミヤイリガイ」とされる。)を発見。
1919年 大正8年 文部省令で学術研究のため欧米各国へ出張を命ぜられる(翌年3月まで)。
1923年 大正12年 ロックフェラー財団の招請によりアメリカ及びカナダの医学教育を視察。
1923年 大正12年 帝国学士院会員となる。
1925年 大正14年 九州帝国大学退官。同大学名誉教授となる。
1926年 昭和元年 ツツガムシ病病原菌の研究調査のため新潟市に出張する。
1927年 昭和2年 英国のブラックロック博士(リバプール熱帯医学研究所長)がノーベル委員会にノーベル賞候補として推薦書を書く。
1928年 昭和3年 正三位勲二等旭日重光章を受ける。
1929年 昭和4年 ツツガムシ病研究のため台湾に出張する。
1946年 昭和21年 4月6日死去(満80歳)。

更新日:

Copyright© 宮入慶之助記念館 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.