中間宿主発見100周年

2013年(平成25年)は、日本住血吸虫の中間宿主であるカイが宮入慶之助九州帝国大学教授と鈴木稔助手の二人によって発見されてから100年目になります。
この研究は,現在でも世界中に2億人の患者がいる住血吸虫症の感染経路を発見した偉大な研究です。当記念館は、各地で開催された日本住血吸虫中間宿主(ミヤイリガイ)発見100周年記念展の企画に共催参加して取り組んできました。

◇日本寄生虫学会大会での特別企画展示「やさしく学ぶ住血吸虫」と市民公開講座「住血吸虫病との闘い―宮入慶之助に学ぶ―」
平成25年3月31日 於東京医科歯科大学
主催:日本寄生虫学会 共催:NPO法人宮入慶之助記念館

◇企画展「日本はこうして日本住血吸虫症を克服した―ミヤイリガイ発見から100年―」
平成25年5月15日~6月16日 於国立科学博物館
主催:国立科学博物館 共催:NPO法人宮入慶之助記念館 公益財団法人目黒寄生虫館

 

◇「ミヤイリガイ発見100年記念展」
平成25年6月25日~8月12日 於JA長野厚生連篠ノ井総合病院院内ギャラリー
主催:NPO法人宮入慶之助記念館

◇企画展「寄生虫ー体にひそむ不思議な虫たち-」
平成25年7月20日~9月23日 於長野市立博物館
主催:長野市立博物館 共催:NPO法人宮入慶之助記念館

◇「日本住血吸虫のカイ発見から100年ー宮入慶之助の業績をたたえるパネル展-」
平成25年10月1日~11月5日 於松代まち歩きセンター伝承館
主催:NPO法人宮入慶之助記念館 NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会

◇「日本住血吸虫中間宿主発見百周年記念展」
平成25年11月1日~12月1日 於九州大学附属図書館医学図書館
主催:九州大学附属図書館医学図書館 共催:NPO法人宮入慶之助記念館

 

 

更新日:

Copyright© 宮入慶之助記念館 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.